■どのサイトが一番いいのか?

出会い系サイトを使ってみようと思ったとき、まず最初に立ちはだかる壁がどこのサイトに登録するかということです。

雑誌の広告や看板広告やインターネットの広告など、いろいろな優良サイトの調べ方がありますが、結局情報量が多すぎてどこのサイトがいいのかわからないですよね。

そこで当サイトでは、本当に出会いやすくて優良な出会い系サイトの選び方を徹底的に解説しています。

以下の説明を読めば優良サイトに出会って、理想の相手にも出会えると思います。

●選び方を心得ておく

出会い系サイトには選び方がありますが、選び方を覚えておかないと詐欺サイトのようなところへ登録してしまいがちです。

出会い系サイトは一概にサービスがいいところに登録すればいいというものではありません。

出会い系サイトには、コツを覚えれば簡単に出会えるサイトと、全く出会えない詐欺サイトのふたパターンにわけられます。

前者のサイトは本当に出会いやすい登録者数が1000万人規模のサイトで、後者はスパムメールなどを大量に送ってくる悪質サイトです。

後者は悪質サイトで、サービス開始からだます目的でしかつくられていないサイトです。

こういうサイトは女性の利用者がそもそもいないので出会う出会わないという次元ではなく、サクラばかりです。

もし本当に異性と出会いたいと切実に願っているのであれば、後者のような女の子がいない悪質サイトに登録しないように注意しなければいけません。

そのために、出会い系サイトやアプリを選ぶ目を身につけておけば、本当に優良なサイトに登録して出会いやすいサイトを利用することができます。

●会員数が多いサイト

会員数の多さや知名度の高さは、特に出会い系サイトを選ぶときに優良サイトを見極めるときにみるべきポイントです。

知名度が高くて会員数が多いサイトであれば、貴重な女性登録者数もその分多いと言うことなので、出会いやすいサイトといえるでしょう。

男性にとって出会い系サイトの登録者数が多いと言うことは女性が多いと言うことなので、出会いやすさに比例します。

ちなみに、どれくらいの会員数がいればいいのかと言えば、累計の利用者が500万人を超えていればダントツで出会いやすい超優良サイトといっても過言ではないでしょう。

数百万人以上という会員数はこれまでの累計登録者なので、常にこの人数がサイトを使っているわけではありませんが、それでも一日当たりの利用者数は数千人を超えているでしょう。

他にも知名度や会員数の他にも運営実績もみてみると本当に優良なサイトを見極めることができます。

運営実績の基準としては10年以上もあれば、これだけの数の出会い系サイトが出現しては消えていく中で、圧倒的な実績といえるでしょう。

運営実績が10年以上もあるサイトは24時間サポートだったり、サポート体制が完備されているサイトが多いので、使いやすさが抜群にいいです。

運営実績が10年以上もあるサイトというのは、それだけきちんとしたサイトだと言うことです。

●トップページに会社の情報

これらの情報の開示は会社の義務として法律で定められています。

出会い系サイトというものも、簡潔にいうならば異性を紹介する商売と言うことになりますから、ちゃんと届け出をださなければ運営することができません。

逆に、会社情報を記載していないサイトというのは、悪質サイトといっても過言ではありません。

インターネットで何らかの契約を結ぶときはトラブルが生じやすいので、事業者は消費者に特商法に基づきサービス内容を詳しく解説しなければなりません。

ちなみにワンクリック詐欺は事業者側が事前にユーザーに対して契約内容を表示し、ユーザーが契約に同意したわけではないので無効と言うことになります。

金銭が発生することを別のページで表示するなどというのも、消費者にわかりにくく表示しても契約無効になります。

それから会社概要についてですが、出会い系サイトを運営するためには会社名や住所や電話番号などの記載もしなければなりません。

住所は何丁目何番地まで記載しなければいけませんが、悪質サイトの場合はそもそも会社情報のページ刷らないことが多いでしょう。

もしくは会社概要が記載されていても、会社名が適当だったり、住所が適当だったり、レンタル事務所などのことが多いです。

悪質サイトの住所をグーグルマップなどで調べてみると、会社があるような場所ではないというようなこともよくあります。

悪質サイトはそもそも特商法などの記述がないので、そういうさいとには登録しないようにしましょう。

もちろん大手の老舗サイトは優良サイトなので、安心して利用してください。

●利用規約が書いてあるか

利用規約の表示は義務なので、優良サイトであるならば必ず利用規約が書いてあります。

なので、利用規約の表示がなかったり隠すように書いてある出会い系サイトは悪質サイトといえるでしょう。

出会い系サイトに限った話ではありませんが、多くの人が利用規約なんて読むはずもなく登録したり利用したりしています。

ですが、悪質サイトの場合は利用規約を読ませないようにして、高額な料金をぼったくろうとしています。

そして、利用規約にこれだけの料金が発生すると書いてあるだろという寸法で、高額請求をしてくるというわけです。

詐欺サイトにひっかからないように利用規約を必ず一読しておきましょう。

●有料サイトの方が安心して使える

インターネットが一般に広まり始めた一昔前のころでしたら、無料サイトを利用しても悪質サイトなどはありませんでしたが、最近では無料サイトは稼げるとわかった悪い人たちが悪質サイトばかりを運営しています。

無料で使えるサイトは魅力的ですが、そもそも女の子が使っていないので出会いようがありません。出会えないどころか、スパムメールやワンクリック詐欺などがあるので、登録してもデメリットしかありません。

有料サイトの場合はお金がかかりますが、個人情報が守られてサポートも充実しているので、安心して使い続けることができます。

有料サイトでかかる費用は、女の子と確実に出会えるので、安いものだと思います。

ですが、あまり高額な利用料のサイトは逆にあまりいいサイトとはいえず、悪質サイトに分類されるようなサイトといえるでしょう。

例えば、本当に優良な大手のサイトだとメール一通当たりの金額は100円以内に納まります。

悪質サイトでメールを送ろうものなら200円とか300円くらいかかってしまうこともあります。

そして、そういう高額請求をしてくるサイトというのは悪質サイトなので、サクラばかりをやとっていて、男性にメールをなるべくたくさんおくらせることにより収益をあげています。

そういう悪質な高額請求してきてサクラばかりのサイトを使うよりも、月に数千円くらいのポイント制の大手サイトを使った方が圧倒的にメリットがあります。

ちなみに、料金体系についてですが、ポイント制か月額制かどちらに登録して利用しようか迷っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

結論からいうと、ポイント制のサイトは出会い系サイトになれている人や、安上がりで使い方を身につけている人、定額制のサイトは初心者の人や真剣な恋人を求めている人におすすめです。

ポイント制のサイトはポイントの分だけしか使えないので、出費をおさえたいひとはポイント制のサイトはおすすめです。

ですが、初心者の人がつかうと、いろいろなところを閲覧してしまってポイントを無駄に消費してしまいがちです。

定額制ならいいのかと言いますと、定額制のサイトはポイント制のサイトと比べると会員数が少ないというデメリットがあります。

なので、自分が求めているようなぴったりの相手と出会うまでに時間がかかるというデメリットもあります。

ポイント制も定額制も一長一短がありますので、とりあえず少し使ってみてどちらが自分に合っているのか試してみるというやり方もおすすめです。

●同時登録をしていない

これは無料サイトがよくやっているテクニックですが、一つのサイトに登録したときに別のサイトに同時に何個も登録させる手法です。

そして、別の有料サイトから女性から一日数十件もメールが送られてきます。

もちろん、その数十件のメールはすべてサクラから送られてくるメールなので返信してもお金がかかるだけです。

同時登録というのは悪質サイトしかやっていない手法なので、同時登録しているサイトがあったら、利用するのをやめておきましょう。

この同時登録するという悪質な手法は、昔は無料サイトがほとんどのサイトでやっていましたが、最近ではやっているサイトがあまりありませんが一応知識で防衛しておきましょう。

●年齢認証がある

出会い系サイトを運営している会社には、利用者が本当に成人しているかを確認しなければならないという法律があるので、どこのサイトも免許証などで年齢確認をしています。

なので、登録時に年齢認証をしなければならないサイトは法律をまもっている優良サイトといえるでしょう。逆に年齢確認をしていないサイトは不法サイトなので注意しましょう。

ちなみに出会い系サイトが法律を守っている守っていないにかかわらず、18歳未満との性的行為は法律違反ですので注意しましょう。

●比較サイトから選ぶ

もちろん、比較サイトから選んでもある程度本当に優良サイトを選ぶことができます。

なので、もし自分で出会い系サイトやマッチングアプリを選ぶのが面倒だったら、ぜひ当サイトが紹介している出会い系サイトを使ってみてください。

ちなみに、無料で確実に出会えるサイトというのは存在しないので、数千円くらいの負担をして優良サイトを選びましょう。